Facebook Pixel Code
scroll top
新型コロナ 感染のしやすさに「年齢は関係ない」
2020/10/08
171
高齢者が新型コロナウイルスに感染した場合、若い人に比べて重症化したり死亡したりする割合が高いことが分かっています。そこで、「感染のしやすさに年齢は関係があるのか」、北海道大学・人獣共通感染症リサーチセンターの研究チームが調べました。

出典:無料写真素材 写真AC

1. 感染のしやすさに「年齢は関係ない」

日本、イタリア、スペインの3か国を対象に調べたところ、感染者が増えているのに、死亡率はほぼ同じであることが分かりました(*)。つまり、若者から高齢者まで幅広い年齢で感染していますが、死亡者は3か国とも高齢者が多いという結果でした。
*北海道大学・人獣共通感染症リサーチセンターの研究チームより

2. 感染しやすい場面~改めて確認しましょう~

①スポーツジム、②ビュッフェスタイルの会食、③飲食店、④カラオケ、⑤ライブハウス、⑥職場などでの感染が目立ちます。このように、「換気が悪く」、「人が密になっている空間」、「不特定多数の人と接触する空間」は集団感染も起こりやすいです。バーベキューなど外で行った場合でも、対策が不十分だと感染してしまいます。

関連記事:新型コロナ「感染しやすい時、感染しやすい場所」

3. 死亡者を減らすために重要なこと

重症化することが多い高齢者や持病のある人に対して、対策を行っていくことが重要です。今回の研究で、「若い人が感染しにくいということはない」とことが分かりました。重症化しやすい人へ感染を広げないためにも、年齢関係なく、全ての人が感染予防を徹底していく必要があります。

4. 世界の感染状況

ジョンズ・ホプキンス大学によると、10月7日時点で世界の感染者は3568.6万人です。最も感染者が多いのは、アメリカ749.7万人、次にインド668.5万人、そしてブラジル492.7万人です。世界の感染者の53%がこの3か国に集中しています。

一方で、世界の完治者は2485.9万人で、約70%の人がすでに回復しています。

下記の図は、感染者の多い上位4か国と日本を比較したグラフです(9月28日時点)。

感染者の多い国では、マスクをつけなかったり、3密だったり、感染しやすい環境がつくられていたと言われています。「基本的な感染予防」が最も重要だということがよく分かりますね。

~実習生へのメッセージ~

新型コロナウイルスに関する研究が日々されていますが、感染しやすいかどうかに年齢は関係ない、という新しいことが分かりました。若い人でも、誰でも感染してしまいます。最近は少しずつ経済活動が戻ってきて、感染対策の気がゆるんできている人もいるかもしれません。

第2波は無症状の人が多く、気づかないうちに感染させてしまっている可能性があります。一人ひとりに責任があることを忘れずに、感染予防を徹底して、毎日を過ごしていきましょうね。

出典:

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
同じカテゴリーの記事
この記事についてコメントする

最新情報