Facebook Pixel Code
scroll top
39県で解除「緊急事態宣言」~解除地域へ3つのお願い~
2020/05/18
139
安倍首相は5月14日、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府および兵庫県の8都道府県を除く39県について、緊急事態宣言を解除することを決定しました。

解除対象外である8つの特定警戒地域については、1週間後の5月21日を目途に改めて専門家からの評価を受け、緊急事態宣言の解除時期について検討する考えを示しました。

 

出典:首相官邸「新型コロナウイルス感染症対策本部(第34回)」

緊急事態宣言、解除の概要
  1. 解除時期:令和2年5月14日から
  2. 解除地域:39県
  3. 継続地域:8都道府県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県)
  4. 行動制限:外出自粛の要請はないが、継続して感染防止対策が必要

1. 39県で解除した理由

  • 新規感染者、重傷者が減少傾向にある
  • 目標値である、直近一週間の感染者数、10万人当たり0.5人以下に抑えた
  • 医療提供体制の改善がされている
  • PCR検査システムも十分に機能している
解除された地域へ3つのお願い
  1. 少しずつ段階的に、日常生活に戻ってほしい
  2. 基本的な感染染症対策を継続する(「3密を避ける」、「人との接触を減らす」、「今月は県をまたいだ移動は控える」など)
  3. 「新しい生活様式」を実践する(関連記事をご覧ください)

2. 8都道府県の解除時期について

  • 継続地域:北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県
  • 5月21日(木)を目途に、専門家と再検討する
  • 可能であれば、緊急事態宣言の実施期間5月31日(日)を待つことなく、解除する
継続されている地域へのお願い
外出自粛や人との接触を8割削減するなど、「これまでと同様の取り組み」が必要

~実習生の皆さんへ~

緊急事態宣言が発出されてから1ヶ月が経過しました。色々と制限があるために窮屈に感じている人も多いかと思いますが、状況は少しずつ良くなっています。感染が拡大すれば、緊急事態宣言が再び指定される可能性もありますので、引き続き感染予防を頑張りましょう。

また、緊急事態宣言の解除がされた地域に住んでいる皆さんは「段階的に日常の暮らしに戻しても良い」ですが、もう大丈夫だとは思わず、ウイルスはまだ存在していることを意識してください。外出自粛の要請はないものの、人との面会はできる限り避け、今月は県をまたいでの遠出は控えましょう。そして、引き続き「マスク着用」「手洗い」「3密の回避」などで感染予防を行ってください。県内での買い物や散策は問題ありませんので、住んでいる地域の状況を理解できるよう、よく調べてから行動しましょうね。

解除がされていない地域に住んでいる皆さんは、他の地域に比べて、まだリスクが高いということです。世界では、気を緩めた途端一気に感染が広がっている国が確認されています。最前線で働き支えてくれている人たちのため、自分自身や大切な人を守るためにも、「心を一つにする時期」として頑張りましょう。

出典:

首相官邸「新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見」
https://www.kantei.go.jp/...

首相官邸「新型コロナウイルス感染症対策本部(第34回)」
https://www.kantei.go.jp/...

日本経済新聞「緊急事態宣言、39県を解除 2次補正予算を編成へ 首相表明」
https://www.nikkei.com/.../

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
同じカテゴリーの記事
この記事についてコメントする

最新情報