Facebook Pixel Code
scroll top
一人ひとりにできること~主な消毒場所について~
2020/03/26
140
感染拡大防止のため様々な予防策が講じられている中で、厚生労働省は、手洗い、マスク、うがいとともに消毒の重要性について改めて伝えています。よく触れる場所を清潔に保ち、感染予防に備えましょう。

消毒方法

  • 消毒液を十分に含ませて絞ったペーパータオルなどで、一方方向に拭き取る。
  • から拭きをする(金属部分は腐食する可能性があるため、水拭きをしましょう)

※ スプレー式ボトルでの噴霧は、ウイルス拡散の可能性があるため好ましくありません。

主な消毒場所一覧

場所 消毒場所
家庭 居間・食事場所
  • ソファー、椅子
  • 電話機
  • テーブル
  • PCのキーボード・マウス等
(共通場所)
  • ドアノブ
  • 証明のスイッチ
  • 窓の取っ手
  • 壁、床
台所・トイレなど
  • 水道の蛇口
  • 浴槽
  • シャワーヘッド
  • 排水溝
  • 洗面器
  • 水洗便器、便座、フタ等
衣類・寝具 ※ 通常の洗濯機で問題ないと言われていますが、気になる場合には、熱湯消毒(80℃、10分以上)をしてから洗濯機にかけます。
職場などの共有部分 エレベーター
エスカレーター
  • 各種ボタン
  • エスカレーターの手すり
建物の出入り口
  • ドアノブ
  • ハンドル

※ 不特定多数の人が触れる部分

共有のトイレ
給水場所、洗面台など
※ 家庭と同様

消毒後の注意

消毒が完了したら、手をよく洗いましょう。手荒れがあると、ウイルスが残りやすいと言われています。 ハンドクリームなどで手荒れを防ぐことも大切な予防策の一つです。

出典:
国立感染症研究所「家庭・職場における消毒(例)」3訂版
http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/desinfect04b.html
中野区 健康福祉部 保健予防課「新型コロナウイルスの感染を予防する消毒方法について」
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d028536.html

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
同じカテゴリーの記事
この記事についてコメントする

最新情報