Facebook Pixel Code
scroll top
このニュースの内容は、ウェブサイト(www.kaizen.vn)にも掲載されています。
Kaizen便り 121号
2019/09/15
0
1165
KAIZEN吉田スクールから、KAIZEN吉田スクールの情報、在校生の想い、日本で実際に働いている実習生やエンジニアの情報、日本に関する情報等を定期的にお知らせいたします。今後のニュースをメールにて受け取ることができます。是非ご登録ください。
食中毒の季節が来ました!

温度と湿度が高い日本の夏はサルモネラ菌や赤痢菌など細菌の力強い成長の有利な環境です。そういう細菌で食中毒事件が多かったです。

xuất khẩu lao động Nhật Bản

出典: Internet

食中毒は飲食店で起こすのだけではなく、集団生活園にも発生する可能性が高いです。

細菌汚染のリスクが高い食品は:たんぱく質が多い食品(肉、卵、乳、海鮮、魚、豆腐、など)、栽培、収穫、運搬の過程で汚染された生鮮食品です。

今回のKAIZEN便りが共同生活の中、食中毒にならないように注意事項を紹介します。

※ 食品を買う時

  • 新鮮なものを購入する。
  • 消費期限などを確認してから購入する。
  • 肉や魚などはそれぞれ分けて包み、汁が他の食品につかないようにする。
  • N冷蔵や冷凍が必要な食品は最後に買う。
  • 寄り道しないですぐ帰る。

xuất khẩu lao động Nhật Bản

出典: Internet

※ 食品保存

  • 冷蔵や冷凍が必要な食品は、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れる。
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に保つ。
  • 肉や魚などは、汁が漏れないように袋や容器に入れて保存。

xuất khẩu lao động Nhật Bản

出典: Internet

※ 調理前の準備

  • タオルや雑巾は清潔なものに交換。台所を清潔に保つ。
  • 調理の前にはせっけんで丁寧に手を洗う。
  • 生の肉・魚・卵をさわった後やトイレに行った後、せっけんで手を洗う。
  • 生の肉や魚などの汁が生で食べるサラダなどや調理済みの食品につかないようにする。
  • 生の肉や魚などを切った包丁やまな板は、必ず洗って熱湯消毒する。
  • 冷凍された食品は、使う分だけを冷蔵庫や電子レンジで解凍する。室温で解凍しない。

xuất khẩu lao động Nhật Bản

出典: Internet

※ 調理

  • 十分に加熱する。中心部の温度が85℃1分間以上が目安。
  • 途中でやめた場合は、食品は冷蔵庫へ。再び調理する際には十分に加熱する。
  • 電子レンジの場合は、均一に加熱されるようにする。熱の伝わりにくいものは時々かき混ぜる。

xuất khẩu lao động Nhật Bản

出典: Internet

※ 食事

  • 食事の前に、せっけんで手を洗う。
  • 清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に盛り付ける。
  • 温かい料理は常に温かく65℃以上にし、冷たい料理は常に冷たく10℃以下にしておく。
  • 作った料理を、長時間室温に放置しない。

※ 残った食べ物

  • 残った食品は清潔な器具容器で保存する。
  • 保存して時間がたちすぎたものは、思い切って捨てる。
  • 温めなおすときは十分に加熱する。目安は中心部の温度が85℃1分間以上。

健康の夏が過ごせるようにしっかり実施してくださいね!

日本の祝日

xuất khẩu lao động Nhật Bản

出典: Internet

今年は、天皇陛下が御退位されるとともに、新天皇陛下が御即位され、新たな元号に変わる特別な年に当たります。御即位に際し、国民こぞって祝意を示すため、「天皇の即位の日」の5月1日と、「即位礼正殿の儀の行われる日」の10月22日が、今年に限り「国民の祝日」となります。

今年、「新天皇陛下の即位の日」を含めて17日の祝日があり、歴史上の記念日や人生の節目をお祝いする日、自然に関する事柄の祝日があります。

毎年、日にちが決まっている祝日もあれば、成人の日・海の日・敬老の日・体育の日は、いわゆるハッピーマンデー制度のため特定週の月曜日と決まっています。また、春分の日と秋分の日は国立天文台が決めています。

xuất khẩu lao động Nhật Bản

出典: Internet

ベトナムに比べると祝日の数が多いですが、祝日の意味を知り、その意味を考えながら祝日を過ごすのもいいかもしれませんね。

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
KAIZEN便り121の感想