Facebook Pixel Code
scroll top
実習生の年末年始の休暇の
過ごし方について
2020 - 12 - 25

実習生の皆さん、

こんにちは。お元気ですか。日本実習の生活はいかがですか。

2020年は新型コロナウイルスの感染が拡大している中でみなさんの生活には、大変な不自由があると思います。

このごろ、日本全国感染者の急増により医療体制が逼迫している状態にあります。ベトナム人実習生感染者も出てきましたので、だれでも実習生の皆さんもいつでも、どこでも感染する可能性があります。そこで、これから年末年始の長期休暇に入りますが、従来と違って今年の年末年始の過ごし方について改めて注意していただきたいと思います。

1 年末年始の過ごし方

長期休暇を利用して、遠出したり、友達と集まったりして楽しみにする時期だと思いますが、今年は感染予防と健康を第一に考えて、以下を参考して過ごし方を工夫しましょう。

  1. 忘年会、新年会などの会食はオンラインに切り替える。
  2. 遠出はせずに、寮の近辺をお散歩、見学などにする。
    ※人がたくさん集まる日・時間はさける。
  3. 「久しぶりの人」には会わない。
    ※今年の年末年始は、いつも一緒にいる人たちと小さなグループで過ごします。遠くに住んでいる人など、久しぶりの人に会うことはやめて、オンラインで楽しみましょうね。
2 寮での過ごし方

今の時期は、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザやノロウイルスなどにも注意が必要です。ウイルスを外に出すため、こまめに換気をしましょう。

  1. 暖房をつけながらでも換気をする
    ※1時間に2回、5~10分程度、窓を開ける。
  2. こまめに手洗いをする。
  3. こまめな掃除で身のまわりを清潔にして、ウイルスを減らす。
  4. せきやくしゃみが出る時、体調が悪い時はマスクをつける。
  5. 誰かが訪ねてきた時はお互いにマスクをつける。
3 感染リスクが高まる「5つの場面」

下記は感染リスクがとても高いといわれているので、生活していく中で、この5つの場面にならないように注意しましょう。

  1. 飲酒を伴う懇親会等。
  2. 大人数や長時間におよぶ飲食。
  3. マスクなしでの会話。
  4. 狭い空間での共同生活。
  5. 居場所の切り替わり。

感染をすると、皆さん自身はもとより、友達や会社にも大きな迷惑をかけることになります。お互いに、十分に注意しましょう。

日本で働いている実習生のみならず、エスハイ・KAIZENの在学生の皆さんも上記の事項を注意していただくことで自分の身および周りの人を守り、特にコロナウイルスの感染拡大に動揺せず、最初から立てた計画どおりに行動しましょう!

新型コロナウイルスの感染拡大はまだ深刻化しており、転ばぬ先の杖として日常生活で気を付けることが大切です。しかし、みんなの協力さえあればきっとパンデミックを阻止することができます。ですので、悲観的な考え方はせず、楽しく年末年始をお過ごしください。

ESUHAI Co.,Ltd