木曜日, 2012/10/18 16:43 (GMT+7)

秋の火災予防

『消えるまでゆっくり火の元にらめっ子』

これから寒くなる季節を迎え、暖房器具の使用などで火災が発生しやすくなりますので、次の点を気に掛けながら、火災予防を心掛けていただく様お願い致します。 

火の用心 7つのポイント

不審火を防ぐ8つのポイント

1.家の周りを整理する。

2.空き家や物置きなどにもカギをかける。

3.ごみは夜出さずに決められた日の朝、所定の場所に出す。

4.門灯などで戸外を明るくする。

5.車にはカギをかけ、貴重品などを入れておかない。

6.空き地は枯草を刈り取るなどきちんと管理する。

7.外出時は隣近所に声をかける。

8.地域で防火対策を徹底する。

 

住宅火災 いのちを守る 7つのポイント  ―3つの習慣・4つの対策―

  【3つの習慣】

1.寝たばこは、絶対やめる。

2.ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

3.ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

 

  【4つの対策】

1.逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災報知機を設置する。

2.寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

3.火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

4.お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

www.city.tsuruoka.lg.jpにより