木曜日, 2012/09/20 12:46 (GMT+7)

仕事でミスコントロールするための5つのステップ

ミスをどうやって乗り越えますか。自信回復のため、どうしますか。がっかりさせたり、怒らせたりした上司、同僚とどうやって対面しますか。

簡単な答えはありませんが、他人の信頼を得られ、自信回復のための、5つのステップがあります。

1.まずは自分を許すこと

貴重なエネルギーを縛り、自分で自分を苦しめないで、一歩ずつ正しい道に戻りましょう。許しの核心は人間の強い思いやりです。自分への思いやりを強化し、マイナス思考をやめましょう。

2.ミスを認めること

自分ののミスや失敗で傷つけられた人たちに素直にミスを認めてください。間接的な言い方を使わないで自分の責任・役割を強調して話しましょう。

3.信頼再構築、損失回復の気持ちを伝えること

がっかりさせられた人に対し、失った信頼を再構築し、与えた損失を回復したいという気持ちを伝えましょう。状況を混乱させ、トラブルに巻き込まれる原因となるミスを認めた後に、次のステップは、状況改善・損失軽減のために何をしているか、又はどこまで責任を持ってやれるかを伝えましょう。他人に自分の努力を見せ、自分の責任を再確認することで、他人はあなたを再び信頼できる人だと感じてくれるでしょう。

4.自分を信頼すること

辛抱し、前方の道を追求し続けることができるように、絶対できると自分自身を信頼してください。他人に信じてもらうことも必要です。他人から信頼を得ることに時間がかかるため、それを得るまで自分自身を信頼することで、自分のモチベーションに燃料を投入しておきましょう。

同じミスを繰り返さないこと

5.学んだことを自分のものにすること

どんなミスがあったか、そこから何を学ぶことができるかを理解できたら、自分もより強くなり、自分の役割もより明確になります。良く改善できるために、どうするのか、何が起こっているのかなど、時間をかけて考察しないと簡単に同じミスを繰り返す可能性があります。

ミスは誰でも避けられないことです。ミスが発生した後の対応の仕方から次のミスの回避の仕方、またはミスの対応の仕方が分かります。次回、仕事でミスが起きた場合は自分を責めるかもしれませんが、それを繰り返さないでください。

結論: 自分を許すために十分な時間を与えた後はそれから脱出し、未来の自分を信頼しましょう。

Dantriにより