ニュース
Esuhaiから派遣される労働者は保証金と財産の担保を支払わなくてもいい

火曜日, 2017/05/02 11:27 (GMT+7)

Esuhaiでは日本の技能実習制度に参加する応募者が保証金及び財産の担保を支払わなくても大丈夫です。これは日本へベトナム人を送り出しているEsuhaiの方針で実施し、数年間続けていることです。

 
 

保証金と財産の担保は外国へ仕事をしに行きたい人にとって経済の大きな負担になります。そのことをよく理解しているEsuhaiは保証金の代わりに学生の家族との信頼保証契約書を締結することにしました。

 
 

信頼保証契約書とは学生の両親が自分たちの信用で子供が日本へ行っても真面目に仕事をすることと実習期間を満了し、帰国すること等しっかり子供に教育することを誓うことです。信頼保証契約の内容を厳守して、満了帰国した学生たちはこの契約は無効になります。

 
 
 

信頼保証契約書を締結する式では学校代表者と学生の家族の代表者との交流会を行われ、先生たちの気持ちを込めた手紙を学生の家族の代表者に渡しました。交流会と先生たちの手紙を通じてEsuhai‐Kaizen吉田スクールは学生の家族のご協力をいただきたいとのことです。学生の家族はEsuhaiと一緒に学生たちに 「日本で実習する3年間は徹底的に時間を使い、日本語、日本人の働き方、管理方法、技術、スキルアップ、マナー等を身に付けて、日本に行く前の目標を最後まで達成し、帰国後は積んだ経験を活かし、自分の稼業のベースを準備してほしい」 と激励しました。

 
 

Esuhaiは学生の家族と一緒に学生たちを激励するつもりです。そして、学生たちが日本にいる間でも管理団体と受け入れ企業との連携を取って、学生たちをサポートし続けます。日本での実習期間は家族とEsuhaiが学生たちの支える力になるように努力します。

 

これからもEsuhaiは学生の家族にたくさんのご協力とご意見を期待しています。それはEsuhaiにとって大きな応援する力でベトナム人の若者へたくさんの仕事をもたらす頑張る力になります。日本への出発に向けて、健康に気を付けて、自分の目標を達成するように祈っています。

日本の技能実習制度はベトナム人の若者にとって 「仕事をするために訓練、発展するために教育、成長するために経験」というチャンスを与えます。Esuhai‐Kaizen吉田スクールが学生と学生のご家族がいつも健康でいることを祈っています。学生たちがいつも自信を持って、実習制度を無事に終了し、ベトナムに帰国し、国の発展に貢献するように祈ります。

日本の学生制度に関する情報のお問い合わせは下記までご連絡ください。

Esuhai Co.,ltd (40/12 – 40/14 Ap Bac Stress, Ward 13, Tan Binh District, HCM)

電話番号 :(08) 62 666 222 (内線202/203 ゴック/チャムまで); Email: vieclamnhatban@esuhai.com.