長い目で未来を見ましょう

木曜日, 2012/12/20 09:32 (GMT+7)

Kaizen吉田スクールの先生方の皆様、学生の皆さん、Esuhaiの日本への技能実習プログラムを通じて
2012年12月に出国し、日本の静岡県で実習する29人グループです。私達は色々な地方から来ましたが、Esuhaiの日本での技能実習プログラムを選択し、新たな方向に向き、より明るい未来を築くことを目的とする共通点があります。

Kaizen吉田スクールで日本語授業と同時に、意識教育・スキルアップ教育授業という新しい知識ばかりですが、楽しみながら勉強しました。最初の授業からも選択した道についてより深く分かるようになりました。日本への技能実習プログラムはお金を稼ぐだけではなく、専門能力、日本語能力を向上し、経験を積み、仕事のスキルアップ、仕事に対する意識と責任などの知識を身に付けることができるチャンスだと分かりました。

Kaizen吉田スクールの授業

Kaizen吉田スクールの先生方の正規授業以外に、レロンソン校長先生にも詳しく生活と仕事の貴重な経験を話して頂きました。そのお蔭で、3年間日本での実習期間の間にしなければならないこととしてはいけないことが分かるようになりました。もっと安心し、勉強に集中できました。

先生方に熱心に聴解、会話、読解、作文、日本語反応等を教えていただきました。例えば文字語彙と漢字を覚えるために読みながら書き、聴解を練習するためにCDを聞いたり日本語の歌を聞いたりし、スムーズに発表できるために事前に発表の内容をイメージする方法など先生方から教わった勉強方法で一生懸命勉強しました。

また、Kaizen吉田スクールの元学生で日本で実習中に舌癌で入院したトゥ先輩に「強い気持ちを持って病気に打勝ってくださいね。」というメッセージを伝える為、メッセージカードを作りました。

トゥ先輩に「強い気持ちを持って病気に打勝って、早く回復してくださいね。」というメッセージを伝えるメッセージカードを作りました

さらに、私達は非常に光栄なことにKaizen‐吉田スクールの代表として2012年のベトナム日本文化交流会の日本語の歌コンサートに参加しました。文化交流会で「翼をください」という歌を歌いました。それは本当に忘れられない思い出です。

2012年ベトナム日本文化交流会での写真

出国前の決意表明式で日本での実習期間を成功に終了すると決意しました。

Kaizen吉田スクールでEsuhaiの社員の応援、先生方の教育、ロンソン社長のODENなど、色々な恩恵を受けました。それに応えられるように3年間の実習期間に仕事に取組み、一生懸命勉強し、先生方に注意されたことを守り社会に役に立つ人になると約束します。スタート時点から細かいことまで教えて頂いた先生方、熱心に案内、支援を頂いたEsuhaiの社員の皆様に心から感謝します。Kaizen‐吉田スクールの学生の皆さんに良い勉強結果があり、早く日本に来られるように願っています。

2012年12月出国の29人グループ