日本人から学ぶべきこと

土曜日, 2012/08/18 14:57 (GMT+7)

なぜ、国土面積が小さくて地下資源の賦存量が総量で見れば少ない日本は経済発展を遂げ,世界の人々をあっと言わせているかという疑問があります。答えは日本人の独特で効果の高い仕事の進め方から見れば、すぐに分かります。それは成功を望んでいる人たちの成功のための鍵だと思われています。

1.    チームワーク精神が強いこと

日本人は会話や会議においては「私」より「私達」と言うことが多いと言われています。最終成果が全員の協力により、重要なことに対してはじっくりと相談され、決定されます。

学ぶべきことは何でしょうか?

日本人には、自分だけができても成功できないという考えがあります。日本の職場においてはチームワーク精神が非常に大切だと考えられ、時間がかかっても最後の意見が同じになるまで話合います。競争をせず、嫉妬しないように、責任、利益、報奨等を公平に分けた方がいいとされています。

2.   間接的な言葉を使うこと

日本人はいつも相手と対立しないようにする傾向があり、あまり相手に「いいえ」を言いません。相手を傷を付け、波風を立てることを避けるために言葉づかいやコミュニケーションのルールに特に注意し、直接的に伝えるのではなく言いたいことをほのめかすことが多いです。

 

学ぶべきことはなんでしょうか?

相手に敬意を表し、会話を順調に進め、人間関係を円滑にするために、お客様の他に、同僚にも尊敬の態度でコミュニケーションを取いましょう。何時間も会議を行っているのに、なかなか最後決定がうまく行かず、赤い顔をし、自分の意見を相手に納得させるように延々と理論を言うことを考えてみましょう。自主性の高い日本人はいつもどんな場合でも、どんな状況にも落ち着き、他人に自分の意見を押し付けない考えがあります。

 話が悪くなりはじめたことに気が付き、酷くならない内に調整することができるように、相手の意見を聞き、言葉づかいにも気をつけましょう。

3.    時間を守ることが他人を尊重することだと考えること

日本の職場では個人的なプライド、名声、社会での地位等を含む「顔」の価値を特に重んじます。「顔」に損害を与える行為が害毒な行為と思われ、批判されます。相手に尊重する気持ちを伝えるため、きちんと時間を守りましょう。

学ぶべきことは何でしょうか。

時間を守ることは他人を尊重するだけでなく、他人にも尊重されるようになります。相手の立場を考え、約束の時間に遅れないように適切にスケジュールを調整しましょう。

4.   連絡を取り続けること

日本人は手紙、電子メール、ファクス等の通信方法より、電話で話したり、直接会い、話をすることを高く評価するとされています。時間を調整し、会い、話をすること、は相手を大切にすることを現わすことです。信頼関係があるかどうかを判断するためには、連絡を取り続け、長い付き合いを目的にしているかを見れば、分かると言われています。日本人と長く付き合うために、直接又は間接的に連絡を取り続けましょう。

学ぶべきことは何でしょうか。

 連絡を取るのに時間がかかり、時々面倒くさいなと思い、良好な関係を壊してしまう人が多いです。日本人に学び、後悔しないように、築いた関係を温めましょう。

 Dân Tríにより