Facebook Pixel Code
scroll top
KZドンナイ第四期技能実習生新クラス開講!
2012/08/01
65
2012年7月28日午前、KZドンナイ第四期技能実習生クラスの開講式がドンナイ専門学校で行われました。開講式にはKZドンナイ四期生である21人の学生と弊社Esuhaiの教育機関と派遣機関の代表が出席しました。

開講式のはじめに弊社人選担当者が技能実習生として日本に行く際の明確な目標設定の大切さをKZドンナイ四期生の新入生へ話しました。「日本で3年間技能実習をし、日本人から マナーやスキル、経験などをたくさん学ぶのと同時に日本語力も向上させて欲しい。ベトナムへ帰国後はキャリアアップを目指し、ベトナムの工業化と経済の発展に寄与できるよう、是非頑張ってください。まずは面接に早く参加し合格できるように、日本語及び技能の習得に積極的に取り組んで欲しい。」と話しました。

新入生に日本の技能実習制度の目的と意味を説明
 続いて法務担当者が、日本での技能実習制度の規定やEsuhaiの実習生派遣の仕組みについて説明しました。

法務担当者が実習生派遣の仕組みについて説明
その後、ドンナイ専門学校での担当教員からKZドンナイ四期生の新入生に向けて、Kaizen吉田スクールでのルール・規則を説明し、教材等を紹介しました。

開講式に臨んだ新入生からはやる気がよく伝わってきたのと同時に、実習に必要となる日本語やマナーなどをしっかり勉強し「日本での技能実習プログラム」で自らの将来を切り開くチャンスを手に入れようという決心が見られました。

開講式での記念撮影(写真右・左はKaizen吉田スクールの教員) 

開講式の最後に、派遣機関と教育機関の代表から学生たちに対して、健康に留意し元気に学習に励み、自身を成長させ、日本で実習するチャンスを早くつかみ取ることができるよう努力してほしいというメッセージが送られました。KZドンナイ四期生クラスの皆さん、これから一生懸命頑張りましょう!

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
同じカテゴリーの記事
関心を持つテーマ