日本語能力試験N2合格 ①リューさんからのメッセージ

月曜日, 2012/04/02 15:14 (GMT+7)

KAIZEN吉田スクールの先生方、エスハイの皆様、KAIZEN吉田スクール学生の皆さんへ

 皆さん、お元気ですか。私は去年12月に行われた日本語能力検定試験でN2に合格することができました。先生方の熱心な指導のお陰で日本に来るチャンスができ、今日まで歩んでくることができました。心から感謝いたします。

 N2の合格通知書を受け取った時の喜びを今でもはっきり覚えています。合格通知書を受け取った時は、ずっと望んでいた目標が達成でき、とても幸せでした。努力してきたことが良い結果として形になり、本当に大きな励みとなりました。

 先生方や家族は、この喜びを分かち合って下さると同時に、新しい目標を忘れずに努力するよう教えて下さいました。ここに至るまでに、自分が日々成長し、周りの方々からもたくさん応援をしていただき本当に幸福だと感じています。

リューさんの勉強コーナー

 私の勉強方法を皆さんに紹介したいと思います。1年半日本で仕事と生活をしてきて、時間が一番重要だと感じました。日本での忙しい生活の中で、「時は金なり」ということを本当に実感し、時間がかからない勉強方法を考えました。また、自分で勉強した日本語が日常会話に応用できると、さらに日本語を勉強する大切さを感じました。

 一般的な実習生の生活は月曜日から土曜日まで、朝8時から夕方5時まで働きます。残業が平均2~3時間程度あるので、帰宅するのは夜8時ごろです。夕飯を済ませてシャワーを浴びたりするとすぐ9時になります。あまり時間がないので、私は次のように勉強しています。皆さんの勉強の参考になれば嬉しいです。

 

1.どんなに疲れていても12時前には寝ないと決めました。9時から12時まで日本語の勉強をします。悲しいことがあった日や落ち込んだ日には、家族や友達に電話をしますが時間を決めて話すようにしています。

2.毎朝出勤前に、新しい語彙や分からない文法をメモ帳に書いておきます。メモした内容を休憩時間に日本人に質問し、覚えるようにします。電車に乗っている時間や買い物している時、友達を待っている間など、いつでもどこでも復習できるようにメモ帳を常に持っています。

3.夜寮へ帰ったら、昼間覚えた語彙の漢字の意味を調べ、覚えるまで何回も繰り返して書きます。

4.文法はインターネットを使って問題を解いて勉強します。自分の点数がすぐに分かるので、自分の力を確認することができます。回答を見て、また同じミスをしないよう間違えたところチェックしてメモしておきます。

5.駅や公共施設においてある雑誌や広告を読むことは、日本についての知識を得ることができるし読解の勉強にもなります。

6.毎週、ボランティアの日本語クラスに通いクラスで出された宿題をします。先生が採点してくれ間違えたところを説明してくれます。

7.海外に住んでいると落ち込む時がありますが、そんな時は、自分が好きなことから勉強すればやる気がもっと湧いてくると思います。

 

リューさんの努力の成果  N3とN2の合格証明書

 日本での残り1年半、私の目標はN1に合格することです。N1はとても難しいと思いますので勉強計画を立てています。まずは語彙を増やし、必要な文法を勉強します。それから、本を読んで分からない語彙を会社の日本人に聞いて説明してもらいます。そうすれば、語彙の勉強もでき、コミュニケーション力も高まります。

  よりたくさんのベトナムの若者が、日本へ仕事をしに来るチャンスがあることを願っています。日本にきてから時間を大切にし、知識や規律が高い日本工場で仕事やマナーを身につけられるよう、チャンスをつかんで欲しいと思います。このチャンスは私たちの将来に大きく繋がると思います。

  日本へ来たら常に高い志を持って仕事をきちんと行い、個人の目標を達成させるのと同時に日本とベトナムの関係をよくするようして下さいね。KAIZEN吉田スクールの皆さんと早く日本で会いたいです。日本での技能実習というチャンスをしっかりつかんで成功してくださいね!

 最後に、KAIZEN吉田スクールの先生方、エスハイの皆様の健康をお祈りしています。

実習生 N.Đ.Lưu (2010年9月日本入国)