Facebook Pixel Code
scroll top
ベトナム人技能実習生派遣
日本の製造業の活性化とベトナム裾野産業人材の育成
Le Anh Tuan
海外派遣部 主任
1999年来日。2007年秀明大学経営学部を卒業後、研修生受入団体に勤務。2010年より母国ベトナムに戻り現職に就く。
実習生に成長と仕事の機会を提供することが できていると実感したとき、この仕事の意義に 気づき、楽しさや幸せを感じます

10年以上の日本滞在経験を通じて日本人の文化・習慣、日本人に対する深い理解を身につけ、その中で約3年の研修生・実習生フォローの仕事を通じて来日後の実習生達の仕事環境や抱える問題などの実情を見てきました。その経験を活かし、現在は送出す側として、実習生の成長と帰国後の活躍を願い日々努力しています。実習生達の成長を見ることがこの仕事の醍醐味だと思っています。

久野恵子
顧客開拓・サポートチーム(書類申請業務担当)
2008年茨城大学人文学部卒業。在学中1年間ベトナム・ハノイで交換留学生としてベトナム語を学んだ経験を持つ。大学卒業後日本の研修生受入れ団体での2年半の勤務の後、来越し現職。 各種申請書等法務書類の作成や社内通訳をはじめ、両国文化の理解とベトナム語の語学力を活かして、日越社員および日越両事務所が両輪として動く主軸を務める。
有意義な制度活用を

外国人技能実習制度が2010年に改正されてから早数年。制度遵守をしながら監理団体、実習実施機関からの要望にどのように応えていけるのか。5年前とは違った感覚を持っている実習生達に、帰国後の将来活躍するためにプラスになる経験を積んでもらうには何を伝えるべきなのか。考えることは尽きませんが例え今すぐではなくても、ESUHAIでよかった!と思ってもらえるように頑張ります。

海外派遣部のメンバー
社会を安定させ発展、繁栄させる為に最も大切な要素である「教育」と「仕事」 に関連する事業を行う